ほねほねゲリオンのレビュー 03零号機 ノーマルカラーVer. で遊んでみた!

スポンサーリンク

『ほねほねゲリオン』第一弾 今回はノーマルカラーVer.の『03零号機』です。ノーマルカラーVer.は、骨なので白なのですが… 果たして それはどうなのでしょうか?

良い感じなのか? そうでないのか? レビューして行きます。
先ずは、パッケージからです。↓

スポンサーリンク

ほねほねゲリオンのレビュー 03零号機 ノーマルカラーVer. のパッケージ


↑第一弾は、8種類 出ているのですがパッケージは全て共通で、違いは正面 右下の小窓から見える数字だけです。今回は『03』です。パッケージ全体の様子を知りたい方は⇒こちら。

それでは、開封して行きます。↓

ほねほねゲリオンのレビュー 03零号機 ノーマルカラーVer. 開封の儀


↑ガムは美味しく頂いて、ビニール袋を開けます。↓

個別にランナーを撮ってみました。↓

それでは、組み立てて行きます。↓

ほねほねゲリオンのレビュー 03零号機 ノーマルカラーVer. で遊んでみた!

なんていうんですかね。
きっと食玩で多くのシェアは占めているのは きっとバンダイのミニプラだと思うんです。ガンプラなどから培った技術は流石に むっちゃ組みやすいですね。

だがしかし、プラモデルを作ってるのはバンダイだけじゃない。他のメーカーも頑張っています。コトブキヤとか…いろいろなメーカーがあります。コトブキヤのプラモデルを作ってみるとバンダイとは違う楽しさがあります。

今回は食玩ですが、カバヤさんの食玩も味があって良い感じです。それも書いていこうと思います。

一回りさせてみます。↓

何故か零号機なのに口があります。↓

勿論。開きます。↓

↑でも何故 零号機に口があるんだろう。何か大きな理由がありそうですが… 私には分かりませんでした(汗)

スポンサーリンク

付属品の盾とスペシャルパーツ(左下)です。↓

その裏側です。↓

いろいろポーズを取らせてみました。↓

『01初号機』と並べてみました。↓
↑出撃前って感じです(妄想中)w

いろいろ組み合わせてみました。↓

盾に『03サキほね』の顔を付けてみました。↓

↑なんかかわいいw

そうそう。
白は蓄光式のパーツなので光を当てて… ↓

暗くすると、不気味に光りますw ↓

更に撮ってみました。↓

↑さっきよりも暗くしてみました!

ランナーは太めなのでちゃんとした道具…ニッパーや 爪切り などがないと切り取るのも難しいと思います。なので、バンダイの食玩気分だと辛いと思うのです。ただ、道具さえあれば、ちゃんと組み立てられます。

そして、組み立ててみると そのプラモデルに込められた熱意というか?情熱を感じられるように思うのです。ただの思い過ごしかもしれませんが…(微笑)

いや、それはコトブキヤのプラモデルを組んでいるときも、バンダイのガンプラを組んでいるときも感じたので間違いではないと思いたいですww

各社さまざまな思いをプラモデルを組んでいると感じられるのが楽しいですね(微笑)今回は食玩ですが… 込められた熱い思いは同じだと思います。そして、このカバヤのプラモデル… 意外としっかり立つのです。

そこも楽しい魅力の一つですね。

あなたの ほねほねゲリオンライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする