フレームアームズ 白虎を作ってレビューしてみた!

スポンサーリンク

ヘキサギアを出している壽屋からは、いろいろなシリーズのプラモデルが出ております。その中でも有名な『フレームアームズ』シリーズの『白虎』を作ってレビューしてみました。果たして、白虎の実力や、いかに…。

それでは、はじまり。はじまり~↓

スポンサーリンク

フレームアームズ 白虎 のパッケージ

正面は、こんな感じ。↓

↓側面です。

白さを上手く緑を使って際立たせているデザインかな と思いました。

それでは、開封して行きましょう。↓

フレームアームズ 白虎 開封の儀

全てのランナーを積んでみました。↓

そのランナーを一つずつ見て行きます。↓

目に使うパーツなのですが、緑色が既に塗ってあります。↓

ランナー以外の内包物は、
組み立て説明書と 部品注文シートです。↓

それでは、完成させてレビューして行きます。↓

フレームアームズ 白虎を作ってレビューしてみた!

完成した白虎を一回りさせてみます。↓


↑顔の顎のガードを取ると…

スポンサーリンク

↓なんと口が出て来ます。この辺り 何か秘密がありそうですね。

黒碩(こくせき)剣 を持たせてみました。↓


↑個体差なのか? 構造上のものなのか?
 ポーズを取るときに 腕が取れやすい気がしました。

気を取り直して
剣を構えます。↓


↑剣は、背中に…
ラックを付けることでマウントも出来ます。(左右用で 二個付いてます。)

ハンドガンを構えてみます。↓


↑「目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ…」w

次に ハンドガンを基にパーツを組み替えて
レーザーライフルです。↓

レーザーライフルのパーツを換装して
背部キャノンにしてみました。↓

センサーを付けることも出来ます。↓

動かしていて気付いたのは…↓


↑足の股の部分が内側や外側に回らないことです(汗)
ここは何とかして欲しかったです。


↑背中のバックパックを取ると…↓

↑お分かりいただけただろうか?w
赤丸の中に数字の『2』が見えます。…と言うことは
四神『玄武』『青龍』『朱雀』も出るのでしょうか?

少し期待してますw

今までのフレームアームズシリーズは、『フレームアーキテクト』というフレームを基にして そこに装甲を着けて行くって感じで組み立てて行きます。だがしかし、今回の白虎は、それを使わず直に組んで行く感じに成っています。

その分、今までにない形や動きが期待できるのは良いなと思いました。だがしかし、一部 今までのフレームアームズなら可動していた箇所(先に上げた股の部分)などが可動しなくなっているのは残念でした。

今まで動いていた部分は、何らかの形で動くようにして欲しかったです。だがしかし、それも偉大なチャレンジの為であり、こんなチャレンジを繰り返すことで より良い物が出来て行くのかも と思えば有ですね(微笑)

そして、デザインは今までのフレームアームズと雰囲気が違っていて好きです。可動の向上を期待しつつ、矛盾する部分もありますが…斬新なデザインも勝手に期待しております。

あなたのフレームアームズライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする